• 遊ぼう 学ぼう 僕らは探検隊

小学校1年生から誰でも入団できます。
(未就学児は相談に応じます。)
私たちと一緒に活動してみませんか?

見学・体験はいつでも受け付けています。

見学希望は【お問い合わせ】まで

いつ活動しているの?

年齢別のグループによって活動日が違います。
詳しくはスケジュールでご確認ください。

どこで活動しているの?

苗代・小幡学区の近郊を中心に、時には名古屋近郊まで出かけたり、
春や夏には少し遠くまでキャンプへ出かけたりします。

活動するのにいくらくらいかかるの?

年間 ¥31,000(ビーバー隊は¥25,000)

   月あたりにしたら 
   約¥2,600(ビーバー隊は約¥2,000)

スカウト運動に賛同した仲間が
ボランティアで指導者をしているので、
活動実費の安価で活動ができます。

但し、入団時には入会金、
入団・上進時には制服を購入していただくため、
制服代金などが必要となってきます。
詳細は下記をご参照ください。
また、スキー訓練・長期キャンプ時には
実費が必要となります。
合わせて下記ご参照ください。

入会金  ¥3,000 
      (同一家族2人目以降¥2,000)
     

ビーバー隊 入隊時制服等購入費 約¥6,500
      年間育成会費     ¥13,000
       (同一家族2人目以降¥11,000)
      年間活動費      ¥12,000
      年間補助者協力費  約¥1,000

カブ隊   入隊時制服等購入費    約¥13,000
      年間育成会費        ¥13,000
        (同一家族2人目以降¥11,000)
      年間活動費(キャンプ代含む) ¥18,000 
      年間書籍等購入費     約¥2,000
  その他に、スキー訓練(¥23,000程度)など実費がかかります。

ボーイ隊  入隊時制服等購入費 約¥17,000
      年間育成会費     ¥13,000
       (同一家族2人目以降¥11,000)
      年間活動費      ¥18,000
  その他に、スキー訓練(¥23,000程度)・
  キャンプ(随時)・大会派遣費用など実費がかかります。

ベンチャー隊  入隊時制服等購入費 約¥16,000
        年間育成会費     ¥13,000
        (同一家族2人目以降¥11,000)
        年間活動費      ¥18,000
  その他に、スキー訓練(¥23,000程度)・
  キャンプ(随時)・大会派遣費用など実費がかかります。

ローバー隊  入隊時制服等購入費 約¥16,000
       年間運営協力費     ¥6,500
  その他に、スキー訓練(¥23,000程度)・
  キャンプ(随時)・大会派遣費用など実費がかかります。

日本ボーイスカウト名古屋第101団 育成会会則

第1条 本会は、日本ボーイスカウト名古屋第101団育成会と称す。

第2条 本会は、ボーイスカウト日本連盟教育規程に定める育成会の精神に則り、名古屋第101団の健全な育成に協力し、これを後援することを目的とする。

第3条 本会の会員は、正会員と賛助会員とする。
    1.正会員 名古屋第101団に属する隊員(ローバー隊員を除く)の
          保護者
    2.賛助会員 本会の目的に賛意をもち、後援する者

第4条 本会の入会金及び会費は次のとおりとする。
    1.入会金 正会員は隊員1名につき、3,000円
          (但し隊員2人目以降は2,000円)とする。
          但し、賛助会員は除く
    2.会 費 
      ・育成会費 正会員は隊員1名につき、年額13,000円とする。
            但し、隊員2人目以降は2,000円減額する
      ・隊  費 正会員は隊員1名につき、年額18,000円とする
            但し、ビーバー隊員は1名につき、12,000円とする
      ・賛助会費 賛助会費は年額1口1,000円とし、賛助会員以外から
            も広く寄付金として受け付ける。
         但し (ア)一旦、納入された入会金及び会費は、
               脱会しても返却しない
            (イ)会費の納入方法は、評議員会で定める。

第5条 総会は本会最高の議決機関であり、
    毎年1回原則として4月に開催する。
    また、必要に応じて臨時総会を開くことができる。
    評議員会は、総会から総会までの期間の運営機関とし、
    必要に応じて開催する。

第6条 本会の役員は、総会において会員の互選により選出する。
    1.会長  1名  会務を統括し、本会を代表する。
    2.副会長 2名  会長を補佐する。
    3.理事  若干名 団の要請により、団および隊の行事を援助する。
    4.会計  1名  本会の経理を担当する。
    5.評議員 若干名 本会の運営を円滑にし、団との連絡協議にあたる。
    6.監査  1名  本会の会計を監査する。

第7条 役員の任期は1年とする。但し、再任は妨げない。

第8条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第9条 1.受験などのため、申請をして、休隊を承認されたスカウトの会員の
     会費については、隊費の2分の1以内の金額を減免することが
     できる。また、年度の途中に入隊した場合については別に定める。
    2.海外赴任のため、スカウトを休団させざるを得なかった会員の会費に
     ついては、隊費を免除できる。

第10条 団運営協力費として、ローバー隊員および成人指導者は登録費相当額を
    毎年4月納入納入する。
    [ 登録費 ローバー隊員:6,200円 / 成人指導者:10,600円 ]

付則 1.本会入会に際し、県連維持財団協力金を隊員1名につき、
    1,000円の拠出を求め、育成会として同財団に協力するものとする。
   2.本会入会に際し、本部倉庫の維持費として隊員1名につき、
    2,000円の拠出をお願いする。
   3.この会則は、昭和53年4月1日(平成30年4月21日改正)から
    実施する。

 ★非常用基金に関する申し合わせ(平成10年10月4日)
  1.設置の目的
    日常のスカウト活動に於いて、これに係る全ての方々は「安全」な行動
    を目指していますが、危機管理面からは“危機に遭遇することは常に
    ある”と考えてその対策をしておくべきと思います。万一の場合には
    直ちに緊急資金が必要となります。本基金はこれに対する積立金(原則
    として保険金等で担保された立替金)を主とした目的とします。
  2.運用について
    本基金の運用に関しては、団委員会にて決定する。
    但し、緊急の場合は、育成会長・団委員長の協議により決定することが
    できる。

 ★会費納入に関する申し合わせ(平成30年4月21日改正)
  1.会費のうち隊費は、三期(4月、8月、12月)に分割して納入とする。
  2.途中入会の場合、隊費は、月当り額(年額/12ヶ月)×月数とする。
  3.育成会費は年額13,000円(隊員2名以降は2,000円減額)とし、
   新入会の時は、入会時期により
    4~7月入会    13,000円
    8月~11月入会  11,000円
    12月~翌3月入会 9,000円 

 ★第9条2項の考え方について(平成16年9月26日)
   1.休団の理由を保護者の海外赴任だけに限定しない。
    事例ごとに団委員会にて協議する。
   2.1年以上の長期にわたり、本人の意思にかかわらず、物理的な事情など
    から、活動に参加参加出来ないことを必要とする。
   3.団には所属するため、遊友通信の投函など、事情の許す範囲で団との
    関わりを持つ必要がある
   4.この条件の適用を受けたい場合は、申請書を隊経由で団委員会へ提出
    し、許可を得る
    また、この許可は1年ごとに更新すること

  ★就学一年前の体験入隊の受け入れについて(平成28年3月27日)
   1.入会金及び育成会費は、正式入隊時に納入するものとし、
     正式入隊するまでの間は、
活動費として、隊費の年額の月当たり額(年額/12月)を納入する。

付則 1.本規定は、平成4年9月1日(平成24年9月23日改正)から
    実施する。
   2.本規定の改正は、育成会総会の決議による。